婚約指輪についた汚れはこまめに洗浄

婚約指輪の美観を維持するにはお手入れが欠かせません。ただし誤った方法でお手入れするとかえって指輪の価値を下げてしまうため注意が必要でしょう。婚約指輪に付着した汚れは、中性洗剤やぬるま湯で簡単に落とすことができます。また指輪用の洗浄液も市販されているため、婚約指輪のメンテナンスのために用意しておいてもいいかもしれません。さらに汚れを落とす際には、できるだけ婚約指輪に傷をつけないように優しく扱う必要があるでしょう。

表面の小さな傷は研磨で元通り

婚約指輪を見てみると、いつの間にか細かい傷が表面に付いているということは珍しくありませんね。なにか物にぶつけたり擦った拍子に、婚約指輪の表面に傷がつくようです。もし傷が目立って気になるようであれば、表面を研磨すればまた元通りになります。指輪の研磨サービスがあるため、プロに任せた方が安心ですね。多少大きな傷が婚約指輪についてしまったとしても、ある程度の範囲であれば研磨により美しい金属の光沢が戻ってきますよ。

宝石部分のメンテナンスは慎重に

宝石をあしらった婚約指輪の場合には、宝石部分のメンテナンスも欠かせませんね。宝石は繊細なものが多いため、扱いは慎重に行わなければなりません。例えばダイヤは油となじみやすい性質を持っているため、油の汚れにより本来の輝きがくすんでしまいがちです。宝石を傷めてしまわないよう中性洗剤などを使って油汚れを落とせば、ダイヤ本来の輝きがまた戻って来るでしょう。また婚約指輪の洗浄中にうっかり無くしてしまわないよう注意を要します。

婚約指輪とは、将来を共に歩むことを決め、結婚を誓いあった二人が、結婚のためのプロポーズの言葉と共に渡すものです。