会場選びは小人数だからこそのこだわりを

お互いの親族だけを集めて行う小さな規模の結婚式では、会場選びがとても重要になります。人数が少ないからこそ、会場や料理の質などに目が行きがちなので、会場選びは会場のサービス力や料理のおいしさなどに重点を置いて行うと満足できる式場を見つけられるでしょう。また、招待客がそれぞれ新郎新婦と話ができるような席の会場を選ぶことも大切です。結婚式の最中はもちろん、その後の親戚づきあいもぎくしゃくしないためにも、親族だけの結婚式ではコミュニケーションがとりやすいアットホームな会場を選ぶことをおすすめします。

いつもよりちょっと豪華なお食事会レベルにしない

親戚だけで集まる、というとお正月やお彼岸のちょっと大きな食事会のイメージが強いのではないでしょうか。けれど、結婚式は新郎新婦を家族や親族にお披露目するとても大切なイベントです。なんとなく始まってなんとなく終わってしまった食事会のようなイメージにならないように、式の始まりから終わりまで流れを決めて行うことをお勧めします。もし上手く進行する自信がない場合は、少人数でも司会をお願いするのも有効な方法です。プロの司会者に依頼することで雑然と流れない素敵な結婚式をつくることができるでしょう。

微妙な間が心配ならプランナーに相談しよう

親戚同士だと今更余興やイベントなんて…と思いがちですが、余興がないと微妙な間が出来てしまわないかなどの不安が発生します。せっかくお祝いの場なのに会場が白けてしまうことは避けたいですよね。今は親族のみの小規模な結婚式が増えているため、プランナーに依頼することで小規模結婚式向けのちょっとしたイベントを提案してくれもらえます。例えばファーストバイトやケーキカットを新郎新婦と両家の両親3組が行うなど、親族だけだからこそできる身内向けのイベントも人気を呼んでいます。

時代の変化と共に結婚式もそれぞれ違いがでてきました。少人数での結婚式が人気となっていて予算面を考えてもメリットが多いと言われています。