招待客が多いのが良いわけじゃない

家族婚を選ぶ人が増えてきています。家族婚はお互いの家族だけで行うものですが、数人の親しい友人を呼ぶこともあります。結婚式と言えば多くの友人や会社の同僚や上司、親せきを読んで盛大に行うものだというイメージが多いのですが、その分新郎、特に新婦は食事をとることさえもできないほどの慌ただしさのため、親しい人と話をするどころではありません。義理で着た人に囲まれるより、親しい人たちと温かい結婚式をしたいという人たちに家族婚が選ばれています。

家族婚が人気の理由は?

家族婚が人気の理由は、本当の意味で温かい結婚式を挙げることが出来るという点です。親しい人だけなのでリラックスした雰囲気で過ごすことが出来ますし、一人一人と様々な話をすることが出来るので関係性を深める機会になります。特に花嫁はその美しさがネタになってしまう「見世物」感もありますが、親しい人だけならその心配もありません。人数が少ないので結婚式までの準備期間も短くて済みますし、スケジュールの調整がしやすいという点が人気となっています。

家族でも引き出物は忘れずに

「家族だから」という理由でおざなりになってしまいがちなのが引き出物です。しかしお祝いをもらうのであればきちんと引き出物も用意しておくようにしましょう。通常の結婚式では参加者の人数も多いのでできないことですが、家族婚ならばその人の好きなものを一人ずつに選ぶこともできます。大勢の人に受け入れられるものの場合もらっても嬉しくない引き出物もありますが、その人の趣味に合った喜んでもらえる引き出物を渡すことが出来るのも家族婚のメリットと言えるのではないでしょうか。

家族婚とは親、兄弟だけの近しい間柄のみで行われることです。絆を深めゆったりとした穏やかな式になります。